夏の忘れ物、今頃食べる

夏に実家の母から野菜やらと一緒に、白玉粉が送られてきた。
みかんの缶詰でも混ぜて、おやつに食べようと思いみかんの缶詰を用意していた。

そして時は流れ11月半ば。
突然白玉粉のことを思い出し、ようやく作ることにした。

子供に見つかると、「私も丸くする!」と絶対言うので、隠れてこっそり丸めていた。
コソコソすると余計に目立つみたいで、「何してるの?」の声。
見つかってしまった。

というわけで、娘も丸めることに。
コロコロと作業してると、「あっ!」、案の定だんご1つ落としている。
洗ってみたものの、何となく嫌なので捨てることに。
ごめんなさい、だんごさん。

お湯で煮るのは私の仕事。
これはまだ怖くて、娘には任せられない。

だんごもようやく完成し、みかんの缶詰と、余ってたリンゴも入れて完成。
「だんご味がないよ。」との声。
そう、味がないからみかんと一緒なのだよ。
そう言ってた娘だが、「おかわり!」の声。
もうないから、また作ろうねと納得させ、今日のおやつは終了。

Comments are closed.